二十四節気

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

二十四節気は、一年を春・夏・秋・冬の季節に分け、それぞれをさらに6分割した24の期間に名前をつけたものです。現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。

二十四節気の名称は、中国で考案された当時のものがほぼそのまま使われています。考案当時の文明の中心であった黄河の中・下流域の気候を反映しており、日本よりも寒冷で大陸的な気候のため、日本の気候とは多少ずれがあります。

太陽黄経が30の倍数であるもの(春分・穀雨など)を(中気)、そうでないもの(清明・立夏など)を(正節、節気)と言い、節気から次の節気の前日までの間を一ヶ月とする月の区切り方を節切り、その月を節月と言います。季語の分類も主として節切りで行われています。

夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分を併せて二至二分といい、立春・立夏・立秋・立冬を四立二至二分四立を併せて八節と言います。二十四節気をさらに約5日づつの3つに分けた、七十二候という分類もあります。

【 春 】

立春 (りっしゅん)
  • 春の気始めて立つ。
  • 春の気たつを以て也(暦便覧)
  • 陰暦正月の節(旧暦で月の前半にくる節気)で、陽暦では節分の翌日。2月4日頃。
  • 正月節 八節
  • 太陽視黄経315度
  • 二十四節気の最初の節であり、八十八夜、二百十日など、すべて立春の日から数える。暦の上では旧冬と新春の境い目にあたり、この日から立夏の前日までが春。まだまだ、寒さの厳しい時期だが、九州や太平洋側の暖かい地方では梅がほころび始める頃。
雨水 (うすい)
  • 氷雪解け雨水温む。
  • 陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧)
  • 陰暦正月の中(旧暦で月の後半にくる節気)で、陽暦では2月18日か19日。
  • 正月中(睦月:むつき)
  • 太陽視黄経330度
  • 空から降るものが雪から雨に替わる頃、雪や氷は溶けて水となる。忍びよる春の気配に草木がよみがえる、の意味だが、雪国の雪はいまだ深く、関東や東海地方の太平洋側に雪が降るのはこの時期である。
啓蟄 (けいちつ)
  • 冬篭りの虫声を啓く。
  • 陽気地中に動き、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也(暦便覧)
  • 陰暦2月の節で、陽暦では3月5日か6日。
  • 二月節
  • 太陽視黄経345度
  • 啓蟄啓戸「蟄虫(すごもりむし)戸を啓(ひら)く」の日のこと(冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃という意味)。地中で冬眠をしていた虫たちが姿を表わす頃とされているが、実際に虫が活動を始めるのはもう少し先。
春分 (しゅんぶん)
  • 春の最中夜昼平分。
  • 日天の中を行て昼夜等分の時也(暦便覧)
  • 陰暦2月の中で、陽暦では3月20日か21日。
  • 二月中 二至二分(如月:きさらぎ)
  • 太陽視黄経0度
  • この日は春の彼岸の中日とされ、前後それぞれ3日、すなわち7日間が春の彼岸である。花冷えや寒の戻りがあるので暖かいと言っても油断は禁物。昼夜の長さがほぼ同じ頃であり、この日を境に徐々に昼が長くなり、本格的な春が始まる。
清明 (せいめい)
  • 草木清明風光明媚。
  • 万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也(暦便覧)
  • 陰暦3月の節で、陽暦の4月4日か5日。
  • 三月節
  • 太陽視黄経15度
  • 清浄明潔の略。「万物ここに至りて皆潔斎にして清明なり」関東から 西の地方では桜が身頃で、南の国からはツバメの渡りの便りも届く。
穀雨 (こくう)
  • 百穀春雨に潤う。
  • 春雨降りて百穀を生化すれば也(暦便覧)
  • 陰暦3月の中で、陽暦の4月20日か21日。
  • 三月中(弥生:やよい)
  • 太陽視黄経30度
  • 田植えや畑仕事の準備が進み、それに合わせるように、柔らかな春の雨が降り、この雨が百穀を潤すとされる。変りやすい春の天気も安定し日差しも強まる。春の季節の最後の節気である。

【 夏 】

立夏 (りっか)
  • 夏の気始めて立つ。
  • 夏の立つがゆへ也(暦便覧)
  • 陰暦4月の節で、陽暦の5月5日か6日。
  • 四月節 八節
  • 太陽視黄経45度
  • 夏立つ日で、暦の上ではこの日から立秋までが夏。野山に新緑が目立ちはじめ、風も爽やかになって、いよいよ夏の気配が感じられるようになる。
小満 (しょうまん)
  • 陽気盛万物稍満足す。
  • 万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
  • 陰暦4月の中で、陽暦5月21日頃。
  • 四月中(卯月:うづき)
  • 太陽視黄経60度
  • 陽気盛んにして万物ようやく長じて満つ、草木などの生物が次第に生長して生い茂るという意味。沖縄の梅雨は五月中旬から六月下旬ごろで、二十四節気の小満と芒種にあたる。この時期の雨を沖縄では小満芒種と呼んでいる。西日本でははしり梅雨が現れる。
芒種 (ぼうしゅ)
  • 麦を納め稲を植う。
  • 芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也(暦便覧)
  • 陰暦5月の節で、芒種の節ともいい、陽暦の6月5日か6日。
  • 五月節
  • 太陽視黄経75度
  • 芒種というのは穂先のように芒(のぎ/棘のようなもの)のある穀物の種のことを言う。種播きをする頃という意味で、農家は田植えに追われる。西日本では梅雨に入る頃。
夏至 (げし)
  • 夏の最中日北上の極
  • 陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也(暦便覧)
  • 陰暦5月の中で、陽暦の6月21日か22日
  • 五月中 二至二分(皐月:さつき)
  • 太陽視黄経90度
  • 太陽は最も北に寄り、北回帰線の真上までくるので、昼間の時間が一年で一番長い時期であるが、夏至のころは梅雨の真っ最中だから、あまり実感されない。日照時間はむしろ冬よりも短い。花しょうぶや紫陽花など雨の似合う花が咲く季節。
小暑 (しょうしょ)
  • やや暑熱を催す。
  • 大暑来れる前なれば也(暦便覧)
  • 陰暦6月の節、陽暦の7月7日か8日。
  • 六月節
  • 太陽視黄経105度
  • 梅雨明けが近く、いよいよ暑さも本格的になり「温風至」の候。例年この頃に集中豪雨がある。蓮の花が咲き、蝉の合唱が始まる頃である。中国では「おんぷういたる」、日本では「あつかぜいたる」の意味。日脚は徐々につまってくるが、暑さは日増しに加わってくる。
大暑 (たいしょ)
  • 蒸熱酷暑を感ず。
  • 暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
  • 陰暦6月の中。陽暦の7月22日か23日。
  • 六月中 (水無月:みなづき)
  • 太陽視黄経120度
  • 最も暑い頃という意味であるが、実際には立秋の頃の方が暑いようだ。 この最も暑い時期を乗り切るために、土用の丑の日にウナギを食べる風習が生まれた。

【 秋 】

立秋 (りっしゅう)
  • 秋の気始めて立つ。
  • 初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
  • 陰暦7月の節。陽暦の8月7日か8日。
  • 七月節 八節
  • 太陽視黄経135度
  • この日から立冬の前日までが秋。一年で一番暑い頃であるが、朝夕はなんとはなしに秋の気配が感じられるようになる。暑中見舞いはこの前日まで、この日以降は残暑見舞いとなる。
処暑 (しょしょ)
  • 暑気退かんとする。
  • 陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
  • 陰暦7月の中、陽暦の8月23日か24日。
  • 七月中 (文月:ふみづき)
  • 太陽視黄経150度
  • 「処は上声、止なり、暑気の止息するなり。」 処暑は暑さが止むと言う意味で、昼間はまだ暑い日が続くが、朝夕は涼風が吹きわたる初秋のころ。萩の花が咲き、朝夕は心地よい涼風が吹く頃だが、台風のシーズンでもある。
白露 (はくろ)
  • 気界冷露白し。
  • 陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
  • 陰暦8月の節、陽暦の9月8日か9日。
  • 八月節
  • 太陽視黄経165度
  • 「陰気ようやく重なり、露凝って白し」ということから名付けられた。秋はいよいよ本格的となり、野には薄の穂が顔を出し、野の草には露が宿るようになり、秋の趣がひとしお感じられる頃。朝夕の心地よい涼風に、幾分肌寒さを感じる冷風が混じり始める。
秋分 (しゅうぶん)
  • 秋の最中昼夜平分。
  • 陰陽の中分となれば也(暦便覧)
  • 陰暦8月の中。陽暦の9月23日頃。
  • 八月中 二至二分 (葉月:はづき)
  • 太陽視黄経180度
  • 太陽は秋分点に達する。春分と同様。昼と夜の長さが同じだが、この日を境に夜の方が長くなって、夜長の季節へと移っていく。暑い日は減り代わりに冷気を感ずる日が増える。秋の七草が咲き揃う頃である。
寒露 (かんろ)
  • 気寒く露草重し。
  • 陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也(暦便覧)
  • 陰暦9月の節。陽暦の10月8日か9日。
  • 九月節
  • 太陽視黄経195度
  • 季節的には露は結び始めのころは涼しく感じられるが、この季節には寒々として冷たく感じられる。秋の長雨が終わり、本格的な秋が始まる頃。菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入り、稲刈りもそろそろ終わる時期。
霜降 (そうこう)
  • 霜結んで厳霜白し。
  • つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
  • 陰暦9月の中で、陽暦で10月23日か24日。
  • 九月中 (長月:ながづき)
  • 太陽視黄経210度
  • 寒露に続いて、霜が降りるころ、という意味で、 北国や山間部では、霜が降りて朝には草木が白く化粧をする頃。野の花の数は減り始める、代わって紅葉が盛りとなる頃である。

【 冬 】

立冬 (りっとう)
  • 冬の気始めて立つ。
  • 冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
  • 陰暦10月の節で、陽暦の11月7日頃。
  • 十月節 八節
  • 太陽視黄経225度
  • この日から立春までが暦の上で冬。陽の光も一段と弱く、日は短くなり、時雨が降り冬の気配が伺えるようになる。北国や高山からは初雪の知らせが届き、関東では空っ風が吹く頃。季語には冬立つ、冬に入る、冬来る、今朝の冬とある。
小雪 (しょうせつ)
  • 寒く少し雪降る。
  • 冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也(暦便覧)
  • 陰暦10月の中で、陽暦11月22日か23日。
  • 十月中 (神無月:かんなづき)
  • 太陽視黄経240度
  • 陽射しは弱まり、冷え込みが厳しくなる。木々の葉は落ち、市街には本格的な降雪はないが、遠い山の頂きには雪が見られ、冬の到来が感じられる頃。「小とは寒さまだ深からずして、雪いまだ大ならざるなり。」
大雪 (たいせつ)
  • 天地閉塞雪降る。
  • 雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)
  • 陰暦11月の節で、陽暦の12月7日か8日。
  • 十一月節
  • 太陽視黄経255度
  • 朝夕には川や池、水溜りに氷を見るようになり、日本海側や北国の山々は雪の衣を纏って冬の姿となるり、本格的な雪が降りだす。大地の霜柱を踏むのもこの頃から。「積陰雪となりて、ここに至りて栗然として大なり」
冬至 (とうじ)
  • 冬の最中日南下の極。
  • 日南の限りを行て日の短きの至りなれば也(暦便覧)
  • 陰暦11月の中で、陽暦12月21日か22日。
  • 十一月中 二至二分 (霜月:しもつき)
  • 太陽視黄経270度
  • 一年中で最も昼の短い日。冬至は暦の上では冬の最中で寒さの厳しい時期だが、この日を境に日が伸び始めることから、古くはこの日を年の始点と考えられた。「冬至冬なか冬はじめ」といわれる。この日は、柚子湯を立てたり、お粥やカボチャを食べて無病息災を祈る。
小寒 (しょうかん)
  • 寒気稍強し。
  • 冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也(暦便覧)
  • 陰暦12月の節で、陽暦1月6日頃。
  • 十二月節
  • 太陽視黄経285度
  • この日は寒の入りで、これから節分までの期間が「寒」である。池や川の氷も厚みを増し、寒さはこれからが本番。小寒から節分までを寒の内という。気温の面から見ても、一年中で最も寒い時期は1月中旬から2月上旬にかけてで、二十四節気の内、小寒と大寒は日本の気候と合っている。
大寒 (だいかん)
  • 厳寒を感ず。
  • 冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)
  • 陰暦12月の中で、陽暦の1月20日か21日。
  • 十二月中 (師走:しわす)
  • 太陽視黄経300度
  • 一年で一番寒さの厳しい頃 。見方を変えれば、太陽は日ましに力が強まり、これからは暖かくなると言うことである。春はもう目の前で、間近にせまっているのが感じられる。