冠婚葬祭の知識 - 祝い事 -

赤ちゃんのお祝い事いろいろ

赤ちゃんが生まれてから1年間位は、いろいろなお祝い事が続きます。健やかに丈夫に育つことを願うためです。その代表的なものをご紹介しましょう。地方によってはこれ以外にも沢山のお祝い事がありますので、それぞれのしきたりに従ってお祝いして下さい。

命名
誕生から7日目の夜を「お七夜」といい、昔はこの日に名前を決めて赤ちゃんの前途を祝うのがしきたりでした。今では特別なお祝いをしない人が増えていますが、命名だけはこの日にしたいものですね。
お宮参り
生まれた子供が初めて産土神(うぶすながみ)にお参りする行事で、初宮参りともいいます。行く日は地方によってかなり違いますが、生後1ヶ月くらいを標準にし、赤ちゃんの健康状態を第一に考えて決めます。お参りする神社は、是非お参りしたいところがないのであれば、近くの神社で済ませるのが一番でしょう。
お食い初め
生後100日目か200日目頃に祝い膳を整えて、赤ちゃんに食べさせるまねごとをするお祝いです。一生食べ物に困らないようにとの願いを込めて行われるものですが、現在では、離乳食を用意して、離乳開始のお祝いとして行うことも多くなっているようです。
初正月
初めてのお正月には、男の子なら「破魔矢」「弓」「天神様の絵」を、女の子なら「羽子板」を贈る風習があります。
初節句
男の子には「武者人形」や「鯉のぼり」、女の子には「内裏雛」を母親の実家から贈られるのが一般的です。
初誕生日
誕生祝の習慣がなかった日本でも、初誕生日だけは古くから祝い事とされてきました。この日には餅をついて、子供に背負わせたりする風習が全国各地にありますが、最近ではバースデーケーキにろうそくを1本位立ててお祝いする家庭が増えてきているようです。

七五三のお祝い

七五三は、11月15日に3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子が氏神様にお参りする習慣です。もともとは数え年で行われていましたが、今では満年齢が多いようです。晴れ着を着せる習慣がありますが、子供自身が大きくなったことを自覚できるような服装であることが大切で、何も豪華である必要はありません。

成人式のお祝い

日本では満20歳を成人と定め、各市町村では毎年成人の日(地方ではお盆の帰省に合わせて夏に行う市町村もあります)に式典を行っています。両親や家族から、振袖やスーツなどを贈りますが、周囲からのお祝いはごく親しい人だけにしておきましょう。

結婚記念日

結婚記念日を祝うのは西洋から伝わった風習です。一年目は紙婚式と呼び、コップ、お皿などの紙製品を飾って祝う。2年目は綿婚式と呼び木綿製品で祝う。 …… という具合に、その後も殆どの年に名称があり、祝い方や贈る物が決まっていますが、一般的には銀婚式(25年目)と金婚式(50年目)以外は、家族だけで祝うようです。

結婚記念日の名称と贈り物

年数名称贈り物
1紙婚式紙製品
2綿婚式木綿製品
3革婚式皮革製品
4書籍婚式書籍類
5木婚式木製品
6鉄婚式鉄製品
7銅婚式銅製品
8電気器具婚式電気器具
9陶器婚式陶器類
10錫・アルミニウム婚式錫・アルミ製品
11鋼鉄婚式鋼鉄製品
12絹・麻婚式絹・麻製品
年数名称贈り物
13レース婚式レース製品
14象牙婚式象牙製品
15水晶婚式クリスタル製品
20磁器婚式陶磁器類
25銀婚式銀製品
30真珠婚式真珠
35翡翠・珊瑚婚式翡翠・珊瑚
40ルビー婚式ルビー
45サファイア婚式サファイア
50金婚式金製品
55エメラルド婚式エメラルド
60/75ダイヤモンド婚式ダイヤモンド

長寿のお祝い

長寿のお祝いは一般的には「賀寿」とか「年祝い」と呼ばれています。古代中国では40歳を初老の賀として長寿の祝いの始まりとしました。日本では、十干十二支が一巡りして、その人の生まれたときと同じになる還暦を一つの節目として祝います。しかし、人生五十年の時代ならともかく、現在では還暦といってもまだまだ働き盛り、とても長寿の祝いというには若すぎる感がありますね。相手のことを考えて、その方に合ったお祝いをしたいものです。

還暦以外の賀寿には次のようなものがあります。

古稀
こき
70歳杜甫の「人生七十古来稀なり」から引用したもの
喜寿
きじゅ
77歳喜の字を略して書くと七が重なっていることから
傘寿
さんじゅ
80歳傘の略字が八と十が組み合わさっていることから
米寿
べいじゅ
88歳米の字が八と十と八が組み合わさっていることから
卒寿
そつじゅ
90歳卒の略字が九と十が組み合わさっていることから
白寿
はくじゅ
99歳百の字に一画少ないことから
さらに長生きの方は
中寿
ちゅうじゅ
100歳一世紀の意味から“紀寿”や中国の文献から“大斎”ともいいます
茶寿
ちゃじゅ
108歳「茶」の字の草冠が二つの「十」で「二十」、下が「八十八」。
足すと108になることから。
上寿
じょうじゅ
120歳人の寿命を上中下に分け、その最も長い意味で