冠婚葬祭の知識 - お葬式 -

弔問の心得

慶事の場合には招待状がない限り出席するものではありませんが、弔事の場合には別です。あまり親しくない間柄でも、駆けつけて構いません。出席するときは定刻に着くようにし、受付で香典を渡して記帳します。斎場に入ったら遺族の方にお悔やみを述べ、お焼香をします。お悔やみの言葉は、月並みで構いません、短く、心をこめて言うことが肝心です。「苦しむ」「迷う」「とんだこと」などの悪いことを連想させる忌み言葉や「再三」「かさねがさね」などの重ね言葉は、縁起が悪いので使ってはいけません。

香典に関するマナー

香典は、本来は故人に手向ける花や供物の代わりですから、直接霊前に供えるべきですが、お葬式の場合には相当な費用が掛かりますので、今では相互扶助の意味合いで遺族や受付に差し出すことが多くなりました。取りあえずの弔問、通夜、告別式のうち、いつ持参しても良いことになっていますが、通夜など葬儀の前に届けるのが普通です。もちろん通夜に出席しない場合は、告別式でも構いません。包みは、紙幣を半紙で包み金額を書き、さらに奉書で包み、白黒の水引を懸けるのが正式です。水引は黒を右に、結び目はこま結びで結び切りにします。金額によっては印刷した略式の袋が市販されていますから、それを利用すると良いでしょう。表書きは宗教によって異なりますので、注意が必要です。

香典の表書きの例

ふくさの包み方

ふくさの包み方図解

弔問時の服装

不幸の知らせを聞いて、駆けつけるときには、黒の服装でなくても構いません。地味なものであれば平服で十分ですが、肌の露出度の高いものはいけません。盛夏でも半そでか長そでにし、ノースリーブやミニスカートは絶対に避けて下さい。結婚指輪以外のアクセサリーも外して行きましょう。通夜に出席するときには、通夜が大規模で、目上の人や身近な人が亡くなった場合なら正式喪服を着ますが、普通は準喪服を着ます。これは告別式のときも同じです。遺族や近い親戚でない限り、正式喪服を着る必要はありません。

お焼香のし方

お焼香には、その香気によって霊前を清めるという意味があります。線香と抹香があり、個人がそれぞれ拝む場合は線香、大勢の人が参列する葬儀や告別式などの場合には抹香を焚くのが一般的です。席の順番に従ってお焼香をしますが、自分の番が来たら遺族と僧侶に一礼し前に進みます。進んだら座布団を横によけ、遺影に一礼して合掌します。抹香は右手の親指、人差し指、中指の3本の指でつまみ、香炉に落とします。

※線香の上げ方、焼香のし方、数珠の扱いなど、それぞれの宗派や地域により異なることがありますので注意が必要です。

通夜振る舞いを受けたら

お通夜の席で、僧侶の読経が終わった後、おもてなしを受ける場合があります。これは俗に通夜振る舞い(地方によって呼び方が変わります)と呼ばれているもので、遺族の謝意の表れですから、よほどの急用が控えていない限りは辞退せずに受けたほうが良いでしょう。