日本料理のマナー

気をつけたい日本料理のマナー

基本的に日本料理には、この方法で食べなさいというものありませんが、見た目にきれいにという気持ちで食事することが大切です。

受け食い
ご飯や汁を受け取ったら、必ず一度膳の上に置いてから持ち直して食べます。受け取ったまま口を付けてはいけません。
蓋の扱い
器の蓋を外す場合、向かって右側に置かれていものは右側へ、左側の器は左側へ仰向けに置きます。蓋は、取り皿の変わりに使っても構いませんが、食事が済んだら元通りにしておきましょう。
食事中の音
食事中に食器をぶつけたり、口に料理を入れたまま話をするのは、見苦しいものです。人から話し掛けられるなどして、どうしても話さなければならないときには、口元を手で覆って話します(できれば食べ物を飲み込んでから話しましょう)。
爪楊枝の扱い
西洋料理のときと同様、日本料理の場合にもできるだけ爪楊枝を使わないほうがよいでしょう。
お茶をこぼしたとき
膳や盆の上にお茶や汁をこぼしたときには、ハンカチなどで拭き取ります。 衣服にこぼしたときには、濡れた部分を叩くようにして拭いておきましょう。

やってはいけない箸使い

美しく食べるコツは、やはり箸を美しく使うことです。持ち方、動かし方に気を配り、次に上げるような箸使いは絶対にやめましょう。