西洋料理のマナー

料理を頂く前に

あらたまった場所に招かれたときなどに楽しく頂くことができるよう、最低限の楽しい食事マナーを覚えておきましょう。フルコースの場合、料理は次々と順序立てて出されますから、何から手をつけたらいいのか、途惑う心配はいりません。

基本的な西洋料理のマナー

テーブルに案内されたら、椅子の左側に立ちます。ウエイターが椅子を引いてくれますから椅子の前中央に進み、姿勢を正して腰を降ろします。ハンドバックは背と椅子の間に置くかバックハンガーでテーブルの脇に懸けて置くとよいでしょう。テーブルの上に置くのはマナー違反です。

食器類を使うときは音を立てない。自分で取り分けた料理は残さず食べる。調味料を取るときは、人の前に手を伸ばさずに一言声をかけて取ってもらう。自分の料理が来たら食べ始め、食べる速度は同席者に合わせる。迷惑にならない程度の声で会話しながら食べる。食べれないものは、配る前に申し出る。食器を落すなどの粗相をしたときは、慌てずサービスに任せる。

着席いすの左側から入って深く静かに腰掛ける。背筋を伸ばし、テーブルと胸の間がこぶし1、2個程度になるまで静かに引き寄せる。
ナプキンナプキンは、最初の料理が運ばれてくる少し前に取り、二つ折にして膝の上に置く。唇や指先を拭く場合は、端の内側を使う。やむを得ず中座する時は、ナプキンは椅子の上に置くか、背もたれに掛ける。
ナイフ
フォーク
セットしてあるナイフとフォークは、外側から使っていき、一口で食べられる大きさに切って食べる。食事中にナイフとフォークを置く場合は、「ハの字」(8時20分の角度)の形にして皿におく。食べ終わったらナイフの刃は内側に、フォークは上に向けて、右斜めに置く。
オードブル普通ウエイターが取り分けてくれますが、自分で取るときには適量を。レモンは汁が飛ばないように手で覆って絞りましょう。
スープ熱いものは熱い内に供するので、次の人を待たずに次々と頂く。手前から向こうへすくい、すくったスープは、一口で口に含んで食べる。この時左手は添える。少なくなってきたら、左手で手前を持ち上げてすくう。スープを飲む時にズルズルと音を立てないようにする。
パンパン皿の上で一口大にちぎり、バターナイフでバターをつけて食べます。パンくずを散らかさないように注意して下さい。パンを食べ始めるのは、正式にはスープが終わってからだが、最近はスープを食べ始めたら良いとする説がある。(略式)
魚料理フォークで頭の部分を押さえ、中骨にそってナイフを入れる。身の内側にナイフを入れ、上身をはがして手前に置き、左から切って食べる。骨をはずし、向こうに置き、下身を食べる。
肉料理フォークで押さえ、ナイフで左端から一口大に切り、フォークで口に運びます。予め全部小さく切り分けて、フォークを右手に持ち替えて食べる人がいますが、あまり感心できません。また、肉を切るときは、できるだけフォークとナイフを近づけて使うのがコツです。大きい場合にはまず真中で切り、それから左端から切るようにします。
ワインワイングラスの脚の部分を持って飲みます。飲む前には口元をナプキンで拭きましょう。グラスに口紅がついたら、人差し指と親指で拭き、手はナプキンで拭きます。また、ワインを注ぐときグラスを持ち上げてはいけません。
デザート果物の場合、フィンガーボールが出されることがあります。皿から敷物ごと出して、左上に置いて下さい。アイスクリームなどは、ウエイターが皿に取り分けてくれますが、食べられないときには「少しだけ」と言うとよいでしょう。
コーヒーコーヒーが注がれたら、好みで砂糖とミルクを入れます。使い終わったスプーンはカップの向こう側に置きます。
離席ナプキンをざっとたたんで、テーブルの左に置き、主客が立ったら一同左側から離れる。献立表、名刺札は記念なので、なるべく持ちかえる。

注意したい食事中のタブー

西洋料理のマナーは、長い間培われてきた、西洋の習慣に基づくものです。日本人の感覚で、何でもないことが、大変なマナー違反だったりする場合があります。特に海外では注意したいものです。

食卓についたら
  • 足を組むのは厳禁。ナイフが落ちたり、食卓を揺らすことになるなどして無作法になります。
食事のとき
  • テーブルに肘をついて料理を持ったり、肘をついたまま食事をするのはタブーです。
  • 食べ物を口に入れたまましゃべってはいけません。食事中に顔や頭に、やたらと手を持っていくことも厳禁です。
  • ナイフやフォークを動かしながら話すのは大変見苦しいものです。
  • 大声で話したり、遠くの人に話し掛けることも慎みましょう。
  • 食事中の、あくび、くしゃみ、ゲップは絶対に避けて下さい。
  • 遠くにある調味料などを取る場合には、無理に手を伸ばさないようにしましょう。必要なときには、ウエイターか品物の近くにいる人にお願いします。
  • 爪楊枝は人前で使わないのが原則です。テーブルに出ていても外国の方の前では絶対にタブー。やむを得ないときには、左手で口元を覆い、手早く使いましょう。
物を落としたら
  • ナプキンやフォークを床に落としても自分で拾ってはいけません。近くにいるウエイターに頼みます。
  • テーブルクロスを汚したときにも同じです。大騒ぎしないでウエイターを呼びましょう。パンがこぼれても、自分で集めてはいけません。
食事中の中座、遅刻
  • 食事中はなるべく席をたたないのが礼儀です。電話がかかって来た時など、やむを得ない場合には隣の人に断ってから席を立ちましょう。
  • 遅刻した場合、遅れた時間にもよりますが、「料理は皆様に合わせて下さい」とウエイターに頼むようにしましょう。