衣類の染み抜きテクニック

衣類に染みができたら

衣類を着た後はいつも、染みのついた箇所はないかを調べる習慣をつけましょう。もし、染みがついているところがあれば、裏側からハンカチなどの布類を当てて、水をたらして叩くようにして応急処置をしておきましょう。もちろん、着用中に染みをつけてしまったときにも、同じように処置して下さい。染色が堅牢でないものや、シルクなどの組織が乱れやすい素材のものは、専門店に依頼しましょう。家庭で染み抜きする場合にも、目立たない部分で試してみて、色落ちや光沢の変化がないかを確かめてからにしましょう。

失敗しない染み抜き

染み抜きをする場合、叩きすぎたり、こすりすぎたりすると、布地が毛羽立ったり、光沢に変化を起こしたりすることがありますので、十分注意が必要です。また、すすぎが不十分だと、新しい染みになることがありますので、染み抜き剤を使用したときには、薬品が残らないようにしっかり落とすようにして下さい。後処理として周囲をぼかすことも忘れないで下さい。せっかく染みが取れても、水じみができてしまっては何にもなりませんから。

染みの種類で違う染み抜きの方法

染みには、その種類に合った染み抜きの方法があります。誤った薬品を使用したために、生地を傷めたり、染色を変色・退色させたりする場合がありますから、慎重に行って下さい。


染みの種類染み抜き方法
口紅、ヘアオイルベンジンで処理した後、アルコールで叩き出します。それでも残れば、アンモニア水滴加中性洗剤を使用します。
香水アルコールでふき取ります。古くなったものは、アンモニア水滴加中性洗剤で処理します。
醤油、ソース中性洗剤で処理します。取れないときには、アンモニア水滴加中性洗剤で処理します。
チョコレート、マヨネーズ、アイスクリーム、卵、牛乳、カレー、バター、ココアベンジンで脂肪分を除き、熱い中性洗剤で叩き出します。白地のものなら過酸化水素系の漂白剤を使います。
果汁、ジュース、ジャム、お酒つけてすぐなら水で処理できますが、時間のたったものは洗剤温液で処理します。
コーヒー、コーラ、お茶タンニンを含んでいるため、加熱やアルカリ処理をしないで下さい。直後なら中性洗剤で取れますが、時間のたったものはグリセリン温液で叩き、水で濯いで酢酸処理をします。
チューインガム冷やして削り取ります。布目に入ったものはアセトンでもみだして下さい。但し、アセテートの場合にはアセトンシンナーに溶けますのでベンジンを使用します。
油性マジック・油性を利用して、油で消す…ミカンの皮で擦る、オリーブオイルやベビーオイルを脱脂綿に染み込ませて擦る。
・マニキュアの除光液…除光液に含まれるアセトンによってインク成分を浮き上がらせる。
・アルコール…工業用エタノールや無水エタノールを利用する。
・ベンジン…懐炉用の燃料や染み抜き用溶剤のベンジンを柔らかい布に浸して拭き取る。
インクアンモニア水→水→蓚酸2%液→水を繰り返します。白物は漂白して下さい。
印刷インク、クレヨン、ボールペン、油絵の具ベンジンで処理した後、アルコールまたは、住居用洗剤またはアンモニア水滴加中性洗剤で処理します。
練り歯磨きをつけ小布に挟んで揉むか、酵素洗剤を練りつけて暫く置いてから揉んで下さい。
泥はね乾いたブラシで落とし、アンモニア水滴加中性洗剤で叩き出します。
血液水で洗い中性洗剤で処理します。取れないときには、アンモニア水滴加中性洗剤で処理します。白物は漂白します。
直後は水で、黄色くなったものはアンモニア水滴加中性洗剤を使用します。白物は漂白します。
襟垢ベンジンで処理します。残ったら中性洗剤を使用します。